腐食や劣化から素材を守る塗料。創業以来100年間、厳しい汚損・腐食環境から鉄などの素材を守るために研鑽を重ね、防汚・防食テクノロジーは深化を続けています。塗料は、私たちのまわりの都市景観や生活環境を美しく彩るだけでなく、サビを防いで素材の長寿命化を図る、海中生物の付着を防いで船舶の燃費を向上させるなど、特殊な技術により、様々な設備が本来の機能を発揮できるように支えています。

防汚塗料

防汚塗料を塗装せずに航行すると燃費が40%も悪化すると言われており、船舶が海洋をスムーズに航行するためには船底防汚塗料は欠かせません。当社は創業以来100年にわたり最先端の防汚塗料の開発に取り組んでまいりました。また、船舶で培った防汚技術を漁網や海洋構造物、電力施設など、防汚機能が求められる様々な設備に応用し高い評価をいただいています。


大型船の船底部

防汚塗料の主な用途

大型船舶
  • 船、プロペラ、シーチェイスト 等
漁網 養殖網、定置網、浮き(ブイ) 等
海洋構造物 石油・ガスの洋上施設と付帯設備、海洋発電設備、石油備設備 等
電力施設 海水導入管 等

モーゼ・プロジェクト

イタリア北部の都市、ベネチアの冠水を防ぐ可動式防潮堤建設プロジェクト(モーゼ・プロジェクト)に当社製品が採用されました。 恒常的に海底に水没している構造物の塗料には非常に高度な防食性、防汚性、そして何より環境負荷が小さいことが要求され、これまで10年以上の歳月をかけ、塗料素材と塗装システムの評価を行った結果、防汚塗料(バイオクリン等)の塗膜性能が認められました。

防食塗料

船舶、橋梁、海洋構造物などの鉄製の設備の多くは、海洋や河川の水分・塩分など鉄にとって非常に厳しい腐食環境にさらされています。このような環境から被塗物を護るための塗料が、防食塗料です。当社が創立以来100年にわたり船舶で培った防食技術と経験は、コンテナ、プラント設備、コンクリート構造物などさまざまな分野にも生かされています。


バラストタンク内(塗装済)

防食塗料の主な用途

船舶
  • 船体全般、各種タンク、各種機器 等
陸上設備 電力施設、各種タンク、橋梁、港湾設備、建物、ボイラーなど各種機器 等
海洋構造物 石油・ガスの洋上施設と付帯設備、海洋発電設備、石油備蓄設備 等

ページトップへ戻る

© Copyright 2017 Chugoku Marine Paints, Ltd. All Rights Reserved.