HOME > 製品・技術 > 船舶用塗料 > シープレミア 3000 PLUS
SEA PRREMIERE 3000 PLUS

年々上昇を続ける海水温度、また豪雨や台風による沿海海水の富栄養化など、海洋環境の変化は近年著しく海洋生物の活性も高まっています。1999年より上市し、その後改良を重ねてきた当社シリル樹脂系防汚塗料。その技術と実績に新しい防汚技術をプラスしたシープレミア 3000 PLUS は、抜群の性能で内航船の安定運航に寄与します。

「メデトミジン+加水分解型ポリマー」は中国塗料の特許技術です。

信頼のシリルポリマー技術に
革新的新規防汚剤selektope®(メデトミジン)をプラス

特長

  • ・航路や稼働状況により汚損リスクの高い船でも、優れた防汚性能を発揮
  • ・強力な耐フジツボ性を有する新規防汚剤selektope®と亜酸化銅を併用した最強の耐フジツボ性
  • ・耐スライム性・耐藻類性に優れ、安定した表面更新性を有するシリルポリマー
  • ・塗膜を平滑にする塗料技術により、燃費低減を実現

適用

  • ・内航船全般
  • ・フジツボ対策が必要な船舶
  • ・稼働率が低い船舶
  • ・シーチェスト内部・グレーチング・バウスラスタートンネルなどにも最適
sp3p_img02.png
sp3p_img02.png
sp3p_img02.png
sp3p_img02.png
sp3p_img02.png
sp3p_img02.png

どのようにしてフジツボ付着を防ぐのか?

sp3p_img05.jpg

シリルポリマー技術/安定した表面更新性で優れた防汚性能を発揮

これまでに実績のあるシリルポリマーについて発展型ポリマーを開発。反応層(加水解離層)を最適にコントロールし、表面更新性を更に向上して優れた防汚性能を持続します。

  • 1. 塗膜表面が海水中で疎水性から親水性に変化する。(下図を参照)
  • 2. 疎水性から変化した親水性ポリマーが溶出し、同時に防汚剤が放出される。
  • 3. 反応層は船舶航行によって更新され、最適な反応層を持続する。
sp3p_img06.jpg

シープレミア 3000 PLUS は、システムの全耐用月数を通して直線的で安定した研磨を可能にします。

優れた低燃費性能

当社特許技術のFIR 理論は摩擦抵抗増加率をより正確に予測する事ができます。シープレミア 3000 PLUS の非常に滑らかな塗膜表面は船体抵抗を減らし、従来の加水分解型船底防汚塗料と比べ、5 ~ 8%(※)の燃費低減を実現します。

※防食塗料を含む超平滑仕様を採用した場合

sp3p_img09.png

ページトップへ戻る

Copyright © Chugoku Marine Paints, Ltd. All Rights Reserved.

Copyright © Chugoku Marine Paints, Ltd. All Rights Reserved.